英語勉強日記

英語勉強日記

気ままに、気になった英語について綴るブログ。洋画・海外ドラマ、英字新聞など。

現在完了形と過去形の使い分け 分かりやすくはっきりした違いがある

どうも、ふぉるらんです。

今回は現在完了形過去形の使い分け』について解説していきたいと思います。

 

 

 

現在完了形とは

まずは現在完了形についてざっとおさらい。

 

have+過去分詞

 

現在完了形には、完了・継続・経験・結果の用法があると言われています。

 

完了 「(たった今)~し終わった」「~したところだ」

継続 「ずっと~している」

経験 「~したことがある」

結果 「~した結果・・・だ」

 

 

過去形とは

動詞の過去形

 

日本語で言う「~した」。

これは簡単ですね。

 

問題は現在完了形との使い分けです。

 

経験・継続は分かりやすいので、過去形と混同しませんね。

 

ですが、完了・結果と過去形って何が違うか分かりますか?

日本語にしたら、どれも「~した」になってしまいます。

 

 

現在完了形と過去形の大きな違い

学校で勉強した時に

 

「現在・・・完了?現在が完了するの?どういうこと??」

「過去形と何が違うの?」

 

と疑問に思った人も多いのではないでしょうか。

 

 

日本語の「~した」を英語にする時に、

「結局どっちでもいいんじゃないの?」と思ってしまいますよね。

 

実は現在完了形と過去形には大きな違いがあるんです。

 

それは《いま》が含まれているかどうか』です

 

 

現在完了形は『現在』とつくだけあって、意味の中に『現在』が含まれています。

過去形に『現在』の意味はありません。

 

 

 これだけではなんだかよくわからないと思うので、例を用いて詳しく説明します。

 

 

「春が来た」は過去形?現在完了形?

ここで問題です。

 

有名な例文として「春が来た。」という文章があります。

この文を英語にする場合、過去形を使いますか?現在完了形を使いますか?

理由を一緒に考えてみてください。

 

ヒント:どういうときにこの文が使われるのかを考えてみましょう!

 

 

答えは下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え:現在完了形

 

どうでしょう?正解しましたか?

 

 

 

詳しく解説します。

 

まず「春が来た。」と言うときって、「春」ですか?「春以外」ですか?

 

この1文だけですと、春になって「ああー春だー」というときに言いますよね。

 

春じゃないのに「春が来た。」とは言いませんよね。

 

つまり言っている現在も「春」なので、現在完了形を用いるんです。

現在完了形は《いま》が含まれる表現です。

 

 

よって、「春が来た。」は

”Spring has come.”

となります。

 

 

では過去形を使ったらどうなるのか?と疑問がわきますよね。

 

過去形との大きな違いは《いま》が含まれているかどうかと先ほど述べました。

 

過去形”Spring came.”を日本語にすると「春が来た。」になりそうですよね。

 

 

この英文だと成り立たないんですが、むりやり和訳してみた場合、

「春は来たがそれは過去のどこかの話。今は春ではない」

という意味になります。

 

「え?そんな意味が隠されてるの?」っていう感じですが、コアの部分としては

過去形には《いま》という意味が含まれない」

ということだけです。

 

 

《いま》が含まれないので、”Spring came.”と過去形を使ってしまうと、

それは「《いま》ではない」、つまり「《いま》は春ではない」と言っているのと同じなんです。

それで「《いま》じゃないのならいつなの?」という話になり、

「春が来たのは過去のどこかの時点だ」という事になります。

 

 

さきほど、”Spring came.”は成り立たないと言いましたが、

ふつう、過去形を使う場合は過去の一時点を示す言葉と一緒に使われます。

yesterdayとかtwo years agoなど。

 

Spring cameと過去形を使いたい場合は

Spring came earlier than usual this year.「今年は例年より早く春が来た(今は春ではない)」

などのように使います。

 

 

完了か?結果か?

混同しやすいのは、「過去形」・「現在完了形の完了」・「現在完了形の結果」の3つです。

 

「春が来た。」は”Spring has come.”というのは分かりました。

つまり過去形ではありませんでした。

 

では問題です。

 

これは現在完了形の完了の用法ですか?結果の用法ですか?

 

ヒント:

完了 「(たった今)~し終わった」「~したところだ」

 

結果 「~した結果・・・だ」

 

 

 

 

答えは下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え:結果の用法

 

どうです?正解しましたか?

 

 

 

解説していきます。

 

ここで知っておいてほしい事は、

完了の用法の場合には完了であることがわかるように時を示す言葉と一緒に使われることです。

結果の場合には、時を表わす言葉と一緒に使われることは少ないです。

 

 

分かりにくいと思うので、『完了』の用法の例をあげてみます。

I've finished my homework just now. 「たった今宿題が終わった」

 

ふつうこういう場合は後ろに「だから遊びに行けるよね」といった文章が続きます。

現在完了形は《いま》を含むので、

完了の場合は「~し終わった」→「だからいま〇〇できる」といったニュアンスがあるんです。

 

 

完了と結果を分ける必要はないという方もいるので

ここまで厳密に分ける必要はないかもしれませんが・・・。

 

 

まとめ

  • 現在完了形には《いま》が含まれる
  • 過去形には《いま》が含まれない

 

実はすごく大きな違いがありました。

これを頭に入れておけば使い分けも簡単にできますね。

 

 

ではではー

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村