英語勉強日記

英語勉強日記

気になった英語について綴るブログ。洋画・海外ドラマ、英字新聞など。

未経験で初めてやった翻訳の仕事はクラウドソーシングで受注した話

f:id:ryura9:20180923224825j:plain

TOEICを受けたり、翻訳講座を受講したりと今まで英語の勉強を続けてきました。
そこで次の段階にステップアップするため、翻訳の仕事を受けてみることにしました。

未経験で翻訳の仕事を受けるには

未経験で翻訳の仕事をゲットするためには、①トライアルという名のテストを受けて合格を勝ち取り翻訳会社にフリーの翻訳家として登録し、仕事をまわしてもらう方法と、②クラウドワークス やランサーズなどのクラウドソーシングで翻訳の仕事を受注する方法が多いかなと思います。

トライアルを受ける場合、まったく未経験だとトライアルを受けることすらできないこともあるのですが、アメリア というサイトでは未経験可の求人も多く、もちろんトライアルも受けられるので翻訳家として活動していく予定の人は登録しておくと便利だと思います。
翻訳家支援にも熱心で、翻訳関連の情報が他にはないほど豊富で、翻訳コンテストなどのスキルアップも行えます。

現在、2019年11月1日~11月28日までの期間で「料理番組翻訳コンテスト【英日】」を実施しています。女性シェフのクッキングショーでのセリフが課題ですよ。ユニークな題材なので、「やってみたい!訳文を見てみたい!」という人も多いでしょうね。

11月28日までに無料会員として入会すると、コンテストに参加できるだけでなく、レーティングといって訳文の評価付けにも参加できる上、入会金が0円になるとお得尽くめ!

通常は入会金5,000円(税抜)がかかるので、アメリア入会を考えている人はチャンスですね。

また、翻訳コンテストに無料で参加できるところはほとんどないので、この機会に参加してみてはいかがでしょうか?
訳文を作る自信がないという人も、ほかの人の訳文を見るのも勉強なので、ぜひ覗いてみてみてくださいね。

「アメリアに入会しよう!」と考えている人にはお得なキャンペーンなので、ぜひこの機会を逃さないでくださいね。

アメリアで掲載されている求人の約3割は未経験可なので、「未経験だけど翻訳の仕事をしてみたい!」と考えている人にはチャンスだと思います。この機会に思い切って入会して、求人に応募してみるといいですね。
(翻訳の仕事で未経験可のところはあまりないので、本気で翻訳家を目指すならチャレンジしてみるべきだと思いますよ)

↓ 入会の申し込みはこちら ↓

翻訳者ネットワーク「アメリア」

今だけ誰でも無条件に入会金5,000円が0円になるチャンス!


↑ 「誰でも無条件に」というのは滅多にないので、この機会をお見逃しなく ↑


未経験で翻訳の仕事をゲットする方法について話を戻しますが、
そのほかには、派遣会社に登録し翻訳会社に派遣してもらったり、会社の英語を扱う部署に派遣してもらったりという方法もあります。

翻訳の仕事を受注してみた

とりあえず単発の仕事で、翻訳の仕事を経験してみることが目的だったので、クラウドワークス に登録し、簡単な翻訳案件を引き受けてみました。

妊娠中の事だったので、今後どうなるかわからなかったためトライアルを受けることは考えていませんでした。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

はじめての仕事は、ある海外ドラマの記事の翻訳(和訳)で、3~4ページだったと思います。

簡単そうだしイケるイケる♪と軽い気持ちで引き受けましたが、この時の自分はすごくバカでした。

背景知識がない!

実はそのドラマというのが、たしかシーズン3か4まで出ていて、新しいシーズンが始まったので、それまでの感想込みのレビュー記事でした。
なので、そのドラマの全シーズンを見たわけでもなかったので、登場人物がどんな関係なのか全然分かりませんでした(-_-;)

翻訳云々よりも、背景知識がなかったので、シーズン1から最新話までのあらすじを調べて人物相関図を作り、内容を把握するのに必死でした。

なぜこの仕事を受けたのか・・・。

英語的にはむずかしくなかったので、安易に考えていたのだと思います。

アメコミの知識不足

記事中には、アメコミ(アメリカン・コミックス)のキャラクターを使う比喩表現がたくさんありました。
アメコミについて全然知らなかったので、アメコミヒーローやヒールを片っ端から調べることに・・・。

翻訳でマザーグースや聖書の知識が必要になるという話は聞いていましたが、まさかこんなにアメコミの知識が必要になるとは思っていませんでした(ただのバカ(T_T))。

ホントになぜこの仕事をやろうと思ったのか・・・。

調べまくったあとに和訳して、見直して、修正して提出。
翻訳自体は早く終わりました。

和訳したあとに、別の表現の方が合うんじゃないか?日本語の構成を少し変えた方が日本語としては自然になるんじゃないのか?などすごく悩みましたが。

すごく勉強にはなった

翻訳講座などで勉強するのと違って、実際に翻訳の仕事をやってみると、すごく身になったと思います。

お金をもらってやっているのでヘタなものは提出できないですし、引き受けたけどやっぱり駄目でしたとは言えませんし。
かつてないほど必死に取り組みました(笑)

翻訳の仕事をやってみようか迷っている方へ

やってみようかな?どうしようかな?と迷っているなら、思い切って受けてみるのもいいんじゃないでしょうか。

最近はクラウドソーシングが広がり、未経験者にとって翻訳の仕事は探しやすくなりましたし、ハードルも低くなったと思います。
クラウドソーシングなら簡単な翻訳の仕事もありますし。

まとめ

何も考えずに受注してしまったので初っ端から痛い目にあった(自業自得)ただのバカの話でした。
この1件以降、ちゃんと背景知識がある仕事なのか確認するようにしています(笑)

内容をちゃんと把握してから仕事は受けましょう(ーー;)